投資は早ければ早いうちにやったほうがいいです。

複利効果でどんどん上がる、というのももちろんですが、人生のどこかでやらないといけない時が来るので、早いうちに感覚を掴んでおくのが良いという理由も大きいです。

老後資金は自分で用意する時代ですからね。

銀行口座にお金をおいておくことはとてももったいないこと

まずはじめにお伝えしたいのが、お金は銀行口座に置いてある、というのは2つの意味でとてももったいないことなのです。

そもそも金利がゼロ同然

バブルの頃ならいざしらず、今の銀行の金利は普通預金で0.001%、定期預金でも0.01%と、ゼロ同然です。

もし100万円持っていたとして、1000円しかもらえません。

 

これが、投資だとどうでしょう?いろいろな投資がありますが、まず目指すのは年5%の金利が一つのラインです。もちろんこれ以上を狙えるものもありますが、平均して5%くらいを目指すとしましょう。

その場合、100万円持っていたとすると、5万円の利息を得ることができるのです。

銀行口座との差額はなんと4万9000円!これは大きいです。

インフレリスクに弱い

もう一つの「もったいない」は、インフレリスクに弱いということ。

インフレリスクとは簡単に言うと、昨日まで100円だったものが200円になるリスクのことです。

日本の物価は長年横ばいですが、今後インフレがないとは言い切れません。

 

特に、いま世界の経済は成長を続けています。私が普段住んでいるベトナムもどんどん物価が上がり、賃金が上がっています。そうなると、ベトナム製の物の値段は上がりますよね。

中国も、アメリカも、ヨーロッパも同じです。

振り返って身の回りのものを見てみましょう、純粋に日本だけで作られたものをあなたはどれくらい持っていますか?

パソコン、スマホ、カメラ、服、、、、大体中国やベトナムなどのアジアで作られていますよね。

日本が成長せずに、世界が成長するということは、世界の物価はじわじわと上がっていくことを意味しています。そして、あなたの銀行に預けてあるお金は一向に増えません。

100円の缶ジュースは100万円で1万個買うことができました。これが10年後に1個120円になったら、缶ジュースは8333個しか買えません。

銀行に100万円を10年間預けておくと101万45円になりますが、缶ジュースは8417個しか買えません。

銀行に預けて金利を得ていたはずが、あなたが持っているお金の価値は缶ジュース1583個分減ったのです。

これが、インフレで起こることです。

缶ジュースは10年間置いておけないですが、もしこれが10年間立っても価値が変わらないものだったら、お金ではなく何かを買っておいたほうが良いですよね。これが、投資です。

いつインフレが起きてもおかしくないので、お金を増えないところにおいておくのは本当にもったいないです。

投資をする上で知っておきたいこと

では、その「もったいない」銀行口座に比べて投資のメリットをお伝えします。

年5%の威力は意外とあなどれない

最近の仮想通貨ブームの100%、200%!みたいな数字を見てしまうとたったの5%か、と思うかもしれませんが、あんなものは数年に1回の異常なバブル。ギャンブルのようなハイリスク・ハイリターンの投資もありますが、普通の投資では年5%程度が普通です。

年5%と聞いて少ないな、とがっかりされた方、100万円を年5%で10年間運用するといくらになるでしょうか。

答えは、100万円を10年間5%複利で運用すると162万8894円になります。

62万円も増えました。増加率で言えば、62%です。

これが20年だと265万3297円となり、もともとの2.6倍もの金額になるのです。

これが、複利の効果であり、投資は早くはじめたほうが良い理由です。

余剰資金で始めるのが鉄則

投資は余剰資金で始めるのが鉄則です。余剰資金とは、数年に渡って使う予定がない資金のことです。

なぜなら、投資には値下がりリスクと、流動性リスクの2つのリスクがあるからです。

値下がりリスクはその名の通り、値段が下がってしまうリスク。これは説明不要ですよね。

100万円が80万円になってしまうかも知れない、ということです。投資に花見があり、長期的に持っておくことで、この80万円がいつかは120万円となり、プラスになるのを待つのが良いのですが、どうしても必要なお金でこれをしてしまうと値下がったときに売るしかなくなってしまいます。

もう一つの流動性リスクは、投資中は使えなくなるというリスク。

定期預金も同じなのですが、1年とか2年とか決まった期間はお金をおろすことができなくなります。今すぐお金が必要だから、といっても下ろすことはできません。または、高い手数料を払うことになります。投資にはいつでも売れる商品と満期まで売れない商品があり、流動性リスクは様々。

でも、下落したときには売りたくないですよね、だからどんな投資も余剰資金でやりましょう。

余剰資金が50万円もない人は、頑張って節約して貯めましょう。副業を始めて、その稼ぎを投資に回していくのもいいですね。

放置できる投資がおすすめ

私は一日中チャートを見ながら格闘するプロの投資家を目指したいわけではありません。し、そこにそんなに時間を割くこともできません。

一回設定したらずっと同じ設定で投資してくれる積立や、一回買ったらある程度長期的に保有しておける銘柄を選ぶべきです。

ある程度銘柄などを自動的に選んでくれるAI投資や

積立から始めるとベスト

投資をリスク別に分類する

投資の重要性は理解頂けたかと思います。

投資というと「怖い」「お金がなくなるのではないか」という声が聞こえてきそうですが、投資にはリスクが低いものもあれば、リスクが高いものもあります。

ハイリスク・ハイリターンの投資を避けて、ミドルリスクの投資を基本にしていくことが重要。

まずはどんな投資がどのくらいリスクがあるのかを知りましょう。

やめたほうが良いノーリターンのもの

まずはローリスク・ローリターンの投資。リターンがほぼ無いものもあります。

  • 銀行口座(定期預金・外貨預金含む)
  • タンス預金(ハイリスク・ノーリターンなのでやめましょう。。)
  • 公的年金
  • 生命保険(投資として。保証という意味では検討する価値があります)

こんな感じでしょうか。基本的に、このあたりはできるだけやめましょう。

年金は、日本に住んでいるのであれば払わなければいけないですが、国外に住んでいれば払わなくてOKです。

投資の基本、ミドルリスク・ミドルリターン

ここが本題、ミドルリスク・ミドルリターンの投資。ここの領域で色々と自分にあった投資方法を見つけていくのがおすすめです。それぞれの投資の詳細は、記事の後半に書いていくので、まずは概要を掴んでもらえればと思います。

  • AI投資(ロボアドバイザー)
  • ソーシャルレンディング
  • ETF
  • 確定拠出年金
  • 積立NISA
  • 外国定期預金
  • 海外生命保険(海外居住者のみ)

どれも年率3%~10%を狙うような投資です。逆に、これ以上高い金利を狙う投資は、ハイリスクということです。

もはやギャンブルのハイリスク・ハイリターン

もはやギャンブルの要素もあるハイリスク・ハイリターンの投資。

「本当に無くなっても悲しくないお金がある」か「その分野にとても詳しい」のどちらかではない限り、手を出さないほうが懸命です。また、詐欺のような案件が多いのもこの領域の特徴。

  • FX・オートFX
  • 個別株
  • 仮想通貨(一部のメジャー通貨はミドルリスク)
  • ICO
  • 未公開株

私はこの中ではオートFXと仮想通貨を無くなっても悲しくならない(けど増えたらめっちゃ嬉しい)余剰資金でやっています。が、ミドルリスクの投資に取り組むのが先です。私はハイリスク:ミドルリスク=1:3くらいですね。

為替リスクの考え方

外貨預金や外貨建ての商品を購入するときに為替リスクという言葉を聞いたことがあると思います。

これは、1ドル100円が1ドル80円になったときに、あなたの1ドルの価値が減ってしまうというリスクです。

価値が増えるかどうかは、円がドルに対して強くなるのか、弱くなるのかによって決まり、強くなるのであれば、あなたのドル資産は円でみたときに減少します。逆に、円が弱くなるのであれば、あなたのドル資産は円でみたときに増加します。

私は、これからの将来円がドルに対して強くなれるとはあまり思っていません。いつか1ドル150円、200円となっていくと思っています。なので、逆に円でお金を持っているリスクがあると思っています。

こればかりはどっちになるかはわからないので、「両方同じくらい持っておく」というリスク分散が良いでしょう。私はドル:円=2:1くらいで資産を持つようにしています。

リスク分散としてのポートフォリオの重要性

更に、リスクを分散するためにはポートフォリオの考え方が重要です。

一言で言えば、「一つがだめになっても良いように色々なところに置いておこう」という考え方です。

色々なところに投資することを「分散投資」といいますが、できるだけ多くのところに分散することでリスクを減らすことができます。

おすすめの投資と私がやっているもの一覧

投資の重要性と、どんな投資を始めていけば良いのかなんとなくわかってきたと思います。

数ある投資の中でおすすめのジャンルと投資先を紹介します。太字が、私もやっているものです。

AI投資(ロボアドバイザー)

いま一番オススメしたく、リスクが少なくてリターンが良いのがAI投資。

過去のデータ等、膨大なデータをもとに、システムが自動的に国際分散投資をしてくれます。

どの銘柄を買ったら良いのか、など、一切考える必要がなく、システムが最適と思われる投資先に分配して投資をしてくれます。しかも、国際分散投資なら通貨も場所も分散しており、全世界の成長に合わせてお金を増やすことができます。

この中では、ウェルスナビの毎月自動積立が鉄板です。

投資信託・ETF(上場投資信託)

投資信託とは、証券会社がポートフォリオを決めた売り出している商品。

例えば[A社株10%+B社株10%+C国債券+・・・・・]を1つの商品にしているようなものです。

ETFというのはExchange Traded Fundsの略で、上場投資信託のこと。投資信託とETFの違いは上場しているかどうかの違いです。

上場していれば誰でも(どんな証券会社を通しても)買うことができるので、アメリカの会社が作った投資信託も、香港の会社が作った投資信託もあります。

投資信託の投資方法には2つの種類があり、インデックス投資といって何らかの指標と同じ動きをする投資と、アクティブ投資といって、平均を上回ろうとする投資があります。

ただ、アクティブ投資のほうが手数料が高く、よりハイリスク・ハイリターンになるため、インデックス投資のものを選ぶと良いでしょう。

人気のものはこのあたりでしょうか、私も楽天証券でVTとVTIの積立をしています。

ソーシャルレンディング

2010年頃から一気に増えてきたソーシャルレンディング。

私達のような一般お人のお金を集めて企業に貸し出すというスキームで、その企業が借りたお金で収益を上げることによって私達が利息をもらえるという仕組みです。

2018年初頭には「みんなのクレジット」という会社が投資家にお金を返せずに倒産するという事件がありました。かく言う私も、投資したお金が戻ってくることはありませんでした。

今、ラッキーバンクに投資しているお金も、遅延していますが、ラッキーバンクの問題ではなく、プロジェクトで利益がなかなか出ていないのだと思います。まだ帰ってこないと決まったわけではないので、見守っています。

業界大手のmaneo、SBIソーシャルレンディング、クラウドバンクは利率は低めですが、しっかりとどの案件も償還されていて安心感があるため、小心者の私はこの大手3社中心で運用しています。利回りが高いということは、それだけリスクも高いということです。

2018年からは金融庁の規制も厳しくなり、各社の運営もしっかりしてきたと思いますが、ポートフォリオの考え方からできるだけ分散して投資していこうと思っています。

オートFX(少々ハイリスク)

最近気になっているのがオートFX。

FX自体は後述するようにギャンブル的要素が強すぎて為替の専門家でもない限りおすすめできないのですが、オートFX自体は一度設定をすれば全自動で売買をしてくれる自動取引。チャートの前で座っている必要がないので、長期投資のスタイルにもあっています。

上で紹介した投資に比べるとハイリスクなので、余剰資金の中でも少なめに挑戦してみるのがおすすめ。

私もこれから色々と勉強して、運用を始めたら、詳しく記事にします。

仮想通貨(少々ハイリスク)

今や知らないものはいない仮想通貨。

過去の世界中のバブルの中でも最大のバブルとなった2017年末の高騰から3分の1まで値が下がっていますが、これからまだ上がると信じて私もポジションを持っています。

乱高下が激しいボラティリティーが非常に大きい相場ですので、ドルコスト平均法のきく積立投資で投資するのが良さそうです。

ビットコインとイーサリウムという2大コインであれば、ある程度ミドルリスクかなと思っていますが、それ以外の通貨は完全にハイリスクのギャンブル要素が強いのでおすすめできません。

個別の株式売買(ハイリスク・おすすめしません)

個別株への投資というのは、自分でどの会社の株を買って投資をするかを決めるというものです。一般的に株式投資といえば個別株のことを言います。

株は売買自体は非常に簡単にできるのですが、どの企業がこれから伸びていくのかを見極めるためにはニュースをしっかり読み、業界の未来を理解するなど常に勉強を続けないと難しいです。

正直、専業のトレーダーでもない限り、わからないものを買うことになるのでハイリスク・ハイリターン過ぎて初心者にはおすすめできません。

私も、個別株の投資はやるつもりがないです。

FX(ハイリスク・おすすめしません)

FXは個別株以上にハイリスク・ハイリターンです。ギャンブル的要素が強く、短期間で多くの額を稼ぐこともあれば、多くの額を損することもあるので成功談などが巷にあふれていますが、為替は株式のように全体が成長しているわけではないため、得をする人がいるということはその分損をする人がいるということ。

ギャンブラーか、世界情勢を分析してチャートにずっと張り付くプロでない限り手を出さないほうが良いと思っています。

生命保険(ローリスク・投資以外の役割もあります)

生命保険には「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3つの種類がありますが、定期保険は満期になっても戻ってくるお金はありませんので、投資ではありません。養老保険と、終身保険であれば満期になれば支払った額以上の金額を受け取ることができる投資になります。

生命保険は投資としてはリターンの少ないローリスク・ローリターンの投資になるため、お金を殖やすという目的ではそこまで良くはないのですが、万一のときの保険金は支払った金額に対してかなり大きく、残された家族のためにもある程度は入っておいて損はないと思います。

私も外資系生命保険会社のUSドル建て生命保険に加入しています。私に万一のことがあっても周りの人が困らないですし、70歳になれば年金として受け取る予定なので、老後の資金対策にもなります。

ちなみに、日本在住者は契約できない海外の生命保険というものもあります。こちらは利率が高く投資としても活用できるのですが、海外に住んでいる人しか契約できないというネックがあります。海外生命保険については、またの機会に紹介します。

国の制度も活用しよう

個人であればNISAやiDeCo(イデコ / 個人型確定拠出年金)、法人や個人事業主であれば小規模企業共済など国が用意している投資制度も使っていきましょう。これらの制度は投資だけではなく、節税にもなります。

NISAは非課税で株式やETFを購入できる制度で、積立NISAという積立型もあります。楽天証券でVTとVTIを積立NISAで積み立てていくのが一番シンプルにおすすめできる方法。

小規模企業共済は法人や個人事業を経営していて利益が出ているのであれば節税のためにも活用しましょう。

自分への投資も最高の投資先

おすすめの投資先を色々と紹介しましたが、一番の投資は自分への投資だったりします。

本を買う、セミナーに行く、旅をする、新しい価値観に触れる、何でも良いのですが、自分の知識や経験に対してしっかりとお金を使って投資していくことは、未来の稼ぎや幸せにも直接つながっていきます。

あなたが2~30代であれば、自分への投資を惜しまずにお金を出すところは投資だと思ってどんどん知識と経験を買っていきましょう。

私も最近は年間50万円以上は自分に投資すると決めて、色々と本を買ったり講座に参加したりしています。これがかなり効果的で、新しい仕事にもつながっています。

まとめ

銀行に預けているお金があるなら、とりあえずいつでも引き出しができる「ウェルスナビ」と「THEO」に入れましょう。

あとは、ここで上げたミドルリスク・ミドルリターンの投資を色々とやってみてください。投資は良い人生を送るために必須のスキルだと思います。なぜ学校で教えてくれないのか、本当に不思議です。

私のように、損をすることもあれば、特をすることもあると思いますが、あなたが2~30代であれば結果に一喜一憂するのではなく、10年後により大きな金額を安心して運用できるように経験を積むというイメージで取り組みましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事