ゴールドカードで空港のラウンジによく行く方も多いのではないでしょうか。

基本的にはクレジットカードで入れるラウンジは日本国内にしかないのですが、韓国の仁川国際空港には日本のゴールドカードで入れるラウンジがあるのです。

そのラウンジの雰囲気、サービス内容を紹介します!

第2ターミナル「IASS INCHEON LOUNGE 2 -AirCafe-」

第2ターミナルの制限エリアにあるトランジットホテルの中にある「IASS INCHEON LOUNGE 2 -AirCafe-」が、そのラウンジです。

仁川国際空港第2ターミナルラウンジマップ

地図上では「Air Cafe」と表記しました。

252番ゲートの前のエスカレーターかエレベーターを上がると目の前にあるはずです。

トランジットホテルの入口から入ります

このトランジットホテルの中にあるカフェがラウンジとなっています。

よく見るとガラスの向こうにクレジットカード会社のロゴが並んでいて、日本語で説明が書かれています。

長い通路の先にラウンジがあります

長い長い通路を抜けると、こじんまりとしたスペースがあります。

ホテルのフロント前のスペースがカフェとなっており、カードラウンジになっています。

IASS INCHEON LOUNGE 2 -AirCafe-

サービス内容

注文できるドリンク一覧

サービス内容はこちらの「ドリンクが1杯無料」というもの。

ラウンジのカフェラテ

ホットカフェラテをオーダーしました。

持ち帰ることのできる容器に入っているので、搭乗直前にこのラウンジに立ち寄ってもらっていくのも良いかも?

ちなみに、2杯目以降や同行者は有料です。

日本国内のカードラウンジに比べても、結構しょぼいなぁというのが印象です。

Air Cafeのメニュー

私が飲んでいるカフェラテは4000ウォン(≒400円)

特別高いわけではないのですが、カフェは空港内にたくさんあるのでお金を払ってわざわざここに来る人は少ないと思います。

トランジットホテルに宿泊した人向けのカフェといったイメージです。

シャワーなども有料のサービスとしてはあるのですが、もちろん別料金。

コンセントはCタイプ

USBとコンセントが使用可能です。コンセントはCタイプになっているので、変換アダプターが必要です。

韓国旅行に変換アダプターを持っていく方は少ないと思いますが、変換アダプターは1つカバンに入れておくと便利ですよ。

カチャカチャ組み替えるタイプを持っている人も見かけるのですが、絶対このようなスライドさせるタイプ(組み換え不要)のほうが安全で、挿したときも安定しているので組み替える平べったいタイプはやめましょう。

入室できるクレジットカード条件

入室できるクレジットカード一覧

入室可能なクレジットカードは、以下のブランドの「ゴールドカード」以上を持っていること。

  • UC
  • TS3
  • ORICO
  • EPOS
  • MI CARD
  • APLUS
  • SUMITOMO MITSUI TRUST CLUB
  • Rakuten Card

私は楽天プレミアムカードを見せることでこのサービスを受けることが出来ました。

やっぱりプライオリティパスを持って、もっと素晴らしいラウンジに行きたい

カードラウンジというので言ってみたのですが、ラウンジという言葉から想像されるものとは異なり「カフェの一杯無料券」でした。

やはり、ここはプライオリティパスを1枚持っておき、アルコールも食事も食べ飲み放題の「本物の」ラウンジに入れるようにしておくのが旅行や出張のクオリティを上げるのには重要です。

カードを持っておくだけで使えるラウンジなんて、あんまり変わらないんじゃないの?と思う方もいるかも知れませんが、実際に以下のようなラウンジに入ることが出来ます。

いわゆるカードラウンジとは全く違う、素晴らしい空間ということがおわかりいただけたのでしょうか?

こんな素晴らしいラウンジが使い放題になるカードなんて、高いんじゃないの?と思うかもしれません。

何を隠そう、私も以前はそう思っていました。

今思えば、なんとももったいなかったなと思っています。もっと早く作っておけば、もっと移動が楽しくなっていたのに、と。

 

そんなプライオリティ・パスを一番安く作る方法を下の記事に詳しくまとめました。

少しでも興味があるからは是非下の記事から読んでみてください。

あなたの旅行や出張が変わること間違いなしです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事