世界中の空港ラウンジを無料で使い放題になる魔法のようなカード、
それが「プライオリティパス」。

通常は年会費が数万円かかるこのカードですが、クレジットカードの特典を利用することで約年1万円で保有することができるようになります。

プライオリティパスを持つことで得られるメリットを考えたら、すぐにもとが取れるはず!

ストレスのない、快適な飛行機ライフに必須の一枚です。

プライオリティパスを持つべき人

とってもお得と言っても年間1万円は決して安くはない金額ですよね。

年間1万円払ってでも、もっと大きなリターンを得られる

こんな人であれば、プライオリティパスのメリットを最大限受けることができます。

  • 飛行機に年間4回以上乗る人
  • カードラウンジよりも良いラウンジを利用したい人
  • 航空会社の上級会員だが、他アライアンスやLCCも乗る人
  • 搭乗前の時間によく食事をする人
  • 搭乗前の時間を有効活用したい人
  • ちょっとゴージャスな雰囲気を楽しみたい人
私の活用方法
年間50フライト以上している私には、プライオリティパスは間違いなく必須なカードです
2つのアライアンスの上級会員となっていますが、アジア圏ではLCCもよく活用しますし、他のアライアンスの航空会社に乗ることも多くあります。
空港ではカフェに入っても電源や落ち着いた席を確保することが難しく、WIFIも弱いことが多々あるのですが、ラウンジであればその全てがカバーされており、しかもプライオリティパスを持っていれば無料で食べ飲み放題なので空港での搭乗待ちの時間をかなり有効活用できるようになりました。

逆に、

  • 飛行機なんて全然乗らないよ
  • ANAの上級会員で、ANA以外絶対に乗らないよ

なんて人には全く必要ないので申し込む必要はないでしょう。

プライオリティパスで得られる恩恵・メリット

プライオリティパスで得られる恩恵は「世界中のラウンジが無料で利用可能」というものですが、それがどんなメリットなのかを考えてみます。

食事もドリンク(お酒含む)も飲み放題

ラウンジ内は食事もドリンクも飲み放題です。

写真はベトナム・ダナン国際空港のオーキッドラウンジ

こんな感じでビュッフェで食べ放題です。

ホットミール

もちろんドリンクも飲み放題で、ビールやワインも飲み放題なのです。

こちらはシンガポール・チャンギ国際空港のdnataラウンジ

コーヒーとソフトドリンク

 

日本のビールがたくさん揃っていました。

空港で食事を取ろうと思うと、ほぼ確実に1000円は超えますし、さらにお酒も飲むと2000円・・となることが多いのですが、ラウンジでは全て食べ放題、飲み放題です。

 

ちなみに、関西国際空港ではプライオリティパスがあれば「ぼでじゅう」で3400円まで飲み放題だったりします。

シャワーを使うことができる

多くのラウンジには無料で使えるシャワールームが備え付けられています。

もちろん、シャンプー、タオル、ドライヤーは完備されており、なにも準備する必要はありません。

こちらはシンガポール・チャンギ国際空港のSATSプレミアムラウンジ

シャワー

シャワーは深夜のフライトのときにとても役立ちます。

ホテルを午前中にチェックアウトして、荷物をあづかってもらっていてもシャワーは浴びられないですよね。

でも、プライオリティパスがあれば空港で搭乗前にシャワーでさっぱりすることができるんです。

シャワールームも、トランジットホテルとかで有料で使えるところも一部ありますが、1000~3000円くらいするんですよね。

深夜便でなくとも、シャワーを浴びてスッキリしてから飛行機に乗るのは気持ちいいですよ。

搭乗前の時間を有効活用できる

ラウンジには電源・WIFIが完備されています。

私はよく搭乗前に写真を整理したり、調べ物をしたり、記事を書いたりするためにパソコンを開くのですが、空港だと良い作業場所を探すのが大変だったりします。

 

WIFIが繋がりにくくて遅い空港もありますし、電源がなかなか見つからずに30分も探したこともありました。

電源があっても、そこはレストランでコーヒーだけだと居づらい、みたいなこともありました。

 

今考えると、電源を探して30分も歩き回っていたのは、完全に時間のムダでした。

たったの30分かもしれませんが、30分あればできることってたくさんありますし、何度も飛行機に乗っていては年間数時間無駄にしていることになります。

さすがに時給1000円よりは稼いでいる自負がありますので、数時間の無駄は単純にもったいないです。

もちろん、コーヒーも無料で飲み放題なのでカフェ代もかからなくなります。

 

ちなみに、私の考える有効な時間の活用方法は「アウトプット(作業)」「インプット(情報収集)」「休養」の3つがあるのですが、このどれをやろうと思ってもラウンジのほうが間違いなく効果的なのです。

サラリーマンの方でも、その30分を落ち着いた読書や休養に当てることができると考えてみてください。

30分の素晴らしい休養は、それ以上の集中タイムを生み出しますよ。

盗難の心配が少なくなる

空港ではトイレや自販機、カフェに行ったりするときに盗難の心配があるので荷物を持ち歩きますよね。

そして、スーツケースとリュック、のように複数のカバンを持っていると意外と面倒なもの。

こういうストレスって、結構疲れのもとになるんですよね。

 

ラウンジには、荷物を預かってくれるサービスや、鍵付きロッカーが置かれています。

ラウンジに一度入ってしまえば荷物はすべて預けて身軽になれるのもメリットだと感じています。

また、ある程度選ばれた人だけがいる空間なので盗難の心配も少ないでしょうが、日本のラウンジでも盗難事件が発生したというのを聞いたので完全に安心するのもダメなのかなと思っています。

ラウンジを使うメリットまとめ

以上をまとめると、

  • 食事もドリンクも飲み放題!
  • シャワーを使うことができる
  • 登場前の時間を有効活用できる
  • 盗難の心配が少なくなる

がラウンジを使うメリットです。

これって金額換算すると、見える金額だけでも3000円くらいにはなりますよね。

それによって生まれる心の余裕や疲れの軽減も考えるともっと価値があると思います。

なので、年間4回飛行機に乗る人であれば間違いなくプライオリティパスは持っていたほうがいいと断言します。

プライオリティパスを最も安く保有する方法

こんなメリットたくさんのプライオリティパスなのですが、公式サイトから普通に申し込むと年間3万円もするんです。

プライオリティパスの年会費

年間10回の利用が無料となるスタンダードプラス会員で299ドル。

使い放題のプレステージ会員はなんと429ドルもします。

スタンダード会員は99ドルですが、ラウンジの利用のたびにお金がかかります。

これでは、全く安くないですよね。

 

プライオリティパスとお得に持つためには、絶対に公式から申し込んではいけません。

プライオリティパスが付随サービスとしてついてくるクレジットカードを申し込むのが鉄則です。

それでは、プライオリティパスを安く保有することのできるクレジットカードを紹介します。

プライオリティパスを1人1万円で保有できる「楽天プレミアムカード」

プライオリティパスを保有する方法として最も人気なのが「楽天プレミアムカード」。

私も、この楽天プレミアムカードを持っています。

年会費は税込み10,800円で、プライオリティパスのプレステージ会員になることができます。

もちろん、ゴールドカード並みのカードなので旅行保険も充実したものが付いてきます。

「楽天プレミアムカード」に付随するプライオリティパスについて

楽天プレミアムカードに付随するプライオリティパスは年会費429ドルの「プレステージ会員」です。

最高峰の会員レベルで、世界中のラウンジが文字通り無料で使い放題です。

ただ、プライオリティパスでラウンジが使えるのは、名吟の本人のみで家族や友人などの同行者は利用することができません。

このプライオリティパスで同行者が一緒に利用する場合は、一人あたり3000円と決まっており、楽天カードで自動的に支払われます。

「楽天プレミアムカード」を最もお得に申し込むキャンペーン

楽天プレミアムカードは2018年末に1週間限定で楽天カードからの切り替えで3年間年会費無料キャンペーンを行っていました。

しかし、2019年現在そのようなキャンペーンは行われておりませんし、今後も無いという予想です。

ポイントサイト経由であれば「Gポイント」経由で1000ポイント還元なので、利用しない手はありませんね。

ちなみに、プライオリティパスの付帯しない「楽天カード」であれば「ポイントタウン」経由で8000円分の16万ポイント還元です。

ポイントタウンに会員登録をして、そこから楽天カードを申し込み、8000円分のポイントを貰ってからプレミアムカードへの切り替えを行うのが一番オトクな申込み方法ですね。

 

そんなの面倒だし、今すぐ申し込みたい!!!というあなた。

その気持、とってもわかります。

⇩ここから今すぐ申し込みできます。

プライオリティ・パスを夫婦2人18360円で保有できる「MUFGプレミアムアメックスカード」

プライオリティパスは本人のみ利用可能で同行者はお金がかかってしまうので、家族で旅行に行く場合にはちょっと使い勝手が悪いこともあります。

家族カードの発行を考えたときに一番オトクなものが「MUFGプレミアムアメックスカード」です。

年会費は税抜き年間2万円ですが「楽Pay」に登録することで年会費は18,360円(税込)になります。

しかも、家族カードは1人まで無料なので、2人の場合は18,360円でプライオリティ・パスが2枚付いてきます!

家族カードはプライオリティパスが申し込めないカードなども多数ある中、このカードは家族カードでもプライオリティパスが申し込めるので家族の分も発行したい場合は最も安くなります。

なお、3人目以降の家族に発行する場合は家族カードが年間3000円かかりますが、これでプライオリティパスがついてくると考えたら激安ですね。

私もいつか老後に親を旅行に連れて行くときは申し込もうと思っています。

「MUFGプレミアムアメックスカード」の家族カードでプライオリティパスを複数保有する方法

夫婦二人での旅行はラウンジでゆっくり過ごしたいですし、

お子さんと一緒の旅行もラウンジがあることで一気に楽になります。

家族こそ、ラウンジの恩恵を受けられると思っています。

MUFGプレミアムアメックスカードの家族カードは1枚目無料、2枚目以降は年間3000円となっています。

夫婦2人の場合は、家族カードを1枚発行してプライオリティパスを2枚手に入れましょう。

お子さんと3人の場合は、家族カードを2枚発行してプライオリティパスを3枚手に入れれば3人での旅行でも大丈夫。

その時の年会費は17000円+3000円(家族カード)=20000円(税抜)となり、プライオリティパス1枚あたりで考えると6666円です。

これは、嬉しいですね!

ちなみに、MUFGプレミアムアメックスカードのプライオリティパスで、同行者を有料で招待する場合も1名あたり2000円と安く設定されているので、プライオリティパスを持っていない友人と旅行したりするときにも有効に活用できます。

「MUFGプレミアムアメックスカード」を最もお得に申し込むキャンペーン

MUFGプレミアムアメックスカードはポイントサイトで13000円還元で申し込むことができます。

そのポイントサイトは、ちょびリッチ

会員登録した上で「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」で検索して、そこから申し込めばポイントが戻ってきます。

ポイントは現金にしても良いですし、ANAマイルに交換してもOK。

個人的にはANAマイルに交換するのを強くおすすめします。

番外編:1年間は年会費無料で夫婦2人まで保有できる「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」

最後は番外編。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードはプライオリティパスを無料で保有できます。

しかも、1年間年会費無料なので、お試しで入ってみるという意味では良いのではないでしょうか。

なんと家族カードも1枚までは年経費無料なので、無料でプライオリティパス2枚を手に入れることができます。

その後は年会費が3万円ほどかかるカードで、もちろん年会費のもとが取れるくらいにはサービスが充実しているのですがプライオリティパスを保有することだけを考えると高いのは否めません。

「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」のプライオリティパスの注意点

アメックスゴールドカードで手に入るプライオリティパスはスタンダード会員なので、使い放題ではない点も要注意。

年間2回までは利用料をアメックスが負担してくれるので無料で使用可能ですが、3回目以降は1回32ドルがかかってしまいます。

3回以上使用する場合はお金がかかってしまうので、お試し用として作ってみるのも良いでしょう。

下で説明する方法で申し込めば初年度年会費無料なので、

カードを申し込んで、夫婦2人でラウンジを2回利用する

というのを完全無料で行うことができます。

「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」を初年度年会費無料で申し込む方法

「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」を初年度年会費無料で申し込む方法は、

既存のアメックス会員からの紹介

です。

下の、私のFacebookページのリンクから申し込んでいただくと、私からの紹介となりますので、初年度年会費無料とさらにボーナスポイントももらえます。

どんなポイントサイトよりも、一番オトクな申込方法がこちらです。

プライリティパスで快適な空港滞在を

プライオリティパスをできるだけ安く手に入れて、快適な空港滞在にしましょう!

旅の満足度が一気に上がりますよ!

プライオリティパス対応ラウンジのレポートはこちら!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事