「陸マイラー」という言葉を聞いたことがありますか?陸(おか)にいながら飛行機のマイルを貯める人のことを陸マイラーといいます。マイルのため方はクレジットカードやポイントサイトなど様々なため方があります。この陸マイラーのすごいところは「飛行機に一切乗らずに無料で航空券をゲットする」こと。

最近、どうやってマイルを貯めたりしているのか聞かれることも増えてきたので、ここにまとめておこうと思います。

どうやったらそんなことができるのか、詳しく解説していきます。

 

マイルで無料の航空券(特典航空券といいます)を手に入れるにはとてもたくさん飛行機に乗らなければならないので、出張族かもともとのお金持ちしかできないように思えますが、一度も飛行機乗ることなくマイルを貯めることもできるんです。どうやったら大量マイルを貯めることができるのか、まずは概要をお伝えします。

クレジットカードでマイルを貯める

陸マイラーと聞いてまず思いつくのはこの方法でしょう。今やマイルが貯まるクレジットカードが数多く発行されており、空港でもアメリカンエクスプレスカードの入会キャンペーンを良く見かけます。(※アメリカン・エキスプレスは空港ではなく後述するポイントサイトからの入会がおすすめです。)

それでもクレジットカードで貯められるマイルは最高でも3%ほど。東南アジアにタダで往復できる3万マイルを貯めるためには、最低でも100万円使わないといけない計算になります。とはいえ、年間100万円くらいは支払いをカードにまとめていけば使っているはずです。正しいカードに変えるだけで、東南アジア旅行がタダでもらえると思うと、そのマイルもしっかりともらえるようにしたいですよね。

もちろんクレジットカードでも効率よくマイルをためていきたいところなのですが、後述するポイントサイトとの併用がおすすめです。

ポイントサイトでマイルを貯める

今、陸マイラーにとって一番熱いマイルのため方がポイントサイト。なんと全くお金をかけずに年間2~30万マイルをを貯めることができるのです。それだけのマイルがあれば、ファーストクラスでヨーロッパへ往復(17万マイル)することも、家族4人でハワイに行くこともできます。

30万マイルといえば、クレジットカードで貯めようと思うと1000万円以上使わないといけないマイル数です。「どうやって貯めるんだろう?」「どうせお金がかかるんでしょ?」と思われがちなのですが、なんと完全無料で貯めることもできるのです。

なぜかといえば、通常企業はものを買ってもらうためにテレビCMをしたりと広告費をかけますよね。インターネットから買うことで、その広告費の一部を直接私達に還元してくれるサービスが有るのです。それが、ポイントサイト。大量マイルにはポイントサイトが書かせません。

まず登録すべきなポイントサイトはこの2つだけ!もちろん他にもポイントサイトはたくさんありますが、まずは一番たまりやすいこの2つのサイトではじめましょう。

具体的な貯め方や、ポイントのマイルへの移行方法は以下の記事をご覧ください。

あなたも今日から無料で飛行機に乗る「陸マイラー」生活始めてみませんか?大量のマイルを貯める流れについては下の記事で詳しく解説しているので、こちらの記事を読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事