エレベーターから受付もすぐ

リージャスはスイスに本社があり、ロンドンに上場しているグローバルレンタルオフィス企業。

なんと、世界120カ国900都市に3000拠点を展開し、日本国内にも116拠点があります。

レンタルオフィスはもちろんのこと、国内や海外を含めて移動が多いノマドワーカーやビジネスマンにはとても便利なビジネスワールドというサービスを展開しており、ゴール語以上の会員になると世界各国のビジネスラウンジを自由に使い放題になります。

リージャスのビジネスラウンジ

会員になったら使えるというビジネスラウンジはほぼ全ての拠点にあります。

リージャスの立地は主要都市の駅近で、有楽町イトシアなど有名なビルに入っているところも多く、移動時間が無駄になりません。

モバイルアプリから拠点を検索して「ビジネスラウンジ」と書かれていればOKです。

営業時間は平日8:30~18:00。

ワークスペース

ワークスペースはソファー席、テーブル席、ThinkPodと呼ばれる半個室席があるのが基本ですが、ラウンジの広さは拠点によって様々です。

リージャス新宿南口のビジネスラウンジ

リージャス新宿南口のビジネスラウンジ

中央左にある丸いスペースがThinkPodと呼ばれるスペースです。

私は、ThinkPodがあいていれば入るようにしています。

WIFI・電源完備

もちろんWIFIと電源は完備されています。WIFIは早いところもあれば、普通のところもありましが、途切れずに安定した回線が多いです。

電源とインターネット完備

電源とインターネット完備

写真は、ThinkPodの中にある電源とLAN差込口。もちろんWIFIも使い放題ですが、LANケーブルを持っている場合は優先での接続もできます。

コンセントが世界中のタイプに対応したユニバーサル型になっているあたり、グローバルレンタルオフィスだというのを感じます。

ドリンクも飲み放題

ビジネスラウンジでは基本的にドリンクが飲み放題

拠点により内容は様々ですが、水とコーヒーは基本的には揃っています。

ドリンクスペース

ドリンクスペース

写真は大阪のリージャス梅田阪急グランドビル。エスプレッソマシーンがあり、奥にはドリンクマシーン。

コーヒー・お茶各種、ココア、コンポタ

コーヒー・お茶各種、ココア、コンポタ

こちらは新宿パークタワーですが、ココアやコンポタもあるのが嬉しいです。

リージャス ビジネスワールドとは

ビジネスワールドには4つの会員レベルがあります。

  • ブルー:登録しただけの無料会員。特に特典なし。
  • ゴールド:世界中のビジネスラウンジが使える会員。
  • プラチナ:世界中のビジネスラウンジ及びコワーキングスペースが使える会員
  • プラチナプラス:世界中のビジネスラウンジ、コワーキングスペース及び個室が使える会員

ビジネスラウンジではなく、一日中働けるようなより本格的なワークプレイスを探している方はプラチナやプラチナプラスのプランもありますが、もちろんレベルが上がると値段も上がります。

ゴールド会員は1ヶ月15,900円。

インターネット上には4800円と書かれている記事もありますが、現在はその値段はありません。

とは言え、15,900円で世界中のラウンジが使えるのはとってもお得だと思います。

  • 慣れない国に出張に行き、WIFIがあるカフェがみつからない
  • 新宿や渋谷で席の空いてあるカフェが見つからない
  • カフェに着いたが、電源のある席が埋まっていた
  • 毎日カフェで作業していたらコーヒー代が3万円ほどになった

リージャスを知る前は、そんなことで貴重な時間を無駄にしてしまっていたりしました。

しかし、今はリージャスアプリで最寄りのビジネスラウンジを探して、すぐに自分の時間を確保できています。

周りがビジネスマンばかりなのでとても静かなので、仕事や読書に最適です。

※国により価格が異なるため、海外に拠点(住所)がある方は値段を比較してみると良いでしょう。

まとめ

リージャスはオフィスを借りるよりも、毎日カフェに通うよりも安く、安定した環境を全世界で確保できます。

世界中を飛び回るビジネスマンはもちろん、今日は銀座、麻布、渋谷、のように環境を変えながら仕事をしたいノマドワーカーにもとてもおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事