アイスカフェラテ

夜のバンコクでちょっと仕事したいな、と思ったときにカフェを探すと、意外となくて困ることがありませんか?

先日もトンロー駅で1時間時間が開いてしまい、電源とWIFIが使えるカフェを探しました。

意外にも?駅前に素晴らしいところがあり、これからトンロー駅付近ではカフェに困ることはなさそうです。

トンロー駅前のトラベラーズホステル&カフェが朝から夜まで使える

トンロー駅のすぐ目の前に朝から夜までやっていてWIFIも電源もあるカフェがあるのです。

その名も「トラベラーズホステル&カフェ」。

朝7:30から夜9時まで営業しています。

サブウェイの2階にあり、入口がとっても小さいので気づかずに通り過ぎてしまいそうなカフェです。

このサブウェイが目印。

トンロー駅からも見えるこのサブウェイが目印。

カフェはこの2階にあります。

サブウェイの左を見ると、カフェの入り口があります。
左脇のこの扉が入り口

この扉を入って、階段を登るとカフェになっています。

カフェスペース

中のカフェスペースは大きなテーブル席が3つと、カウンター席があります。

そこまで席数の多いカフェではないのですが、何度か訪問していて作業場所がないということは今までありません。

電源は一部の席だけについており、WIFIはフリーです。

アイスカフェラテ

アイスカフェラテを頼んでみました。

ちゃんと美味しいコーヒーです。

カフェだけではなく、ホステルです

ちなみに、ここはホステルに併設されたカフェなのです。

トンロー駅付近で作業カフェを探しているなら、まず行きたいカフェです。作業したいときに、カフェを探す時間って勿体無いですからね。

マリオットホテルのロビーラウンジ

トンロー駅から歩いて3分ほどところに、マリオットホテルがあります。

ここはルーフトップバーの「octave」がとても有名ですが、ここのロビーラウンジであれば深夜0時頃まで過ごすことができます。

もちろん、WIFIも使えます。

先日も午前1時頃までここでコーヒーを飲みながら友人と過ごしていました。

マリオットとはいえ、ここはバンコク。コーヒーの値段は600円程度です。

隣駅:プロムポンにはおしゃれカフェが増える

隣駅のプロムポンまで行けば、ショッピングモールの中にはスターバックスもありますし、サーティーナインエスプレッソ(Thirty Nine Espresso)などおしゃれカフェが駅近くにいくつかあります。

スターバックスは満席のことも多いので個人的には避けていますが・・・。

なお、AIS Design Centre (AIS D.C.)というコワーキングスペースもあり、ドロップインもかなり安く使えます。

サーティーナインエスプレッソは小さいカフェですがコーヒーが美味しいので、リラックスも兼ねて行くようにしています。

トンロー駅の作業カフェまとめ

意外と駅の近くに作業向きのカフェが少ないトンロー駅。

飲み会までの空き時間など、ちょっと空いた時間に一息コーヒーブレイクを入れたり、作業したり、おしゃべりしたりするのにおすすめの場所を紹介したので、トンロー駅で時間が空いた方の参考になればと思います。

一緒に人生を楽しむ、メールマガジンはじめました

こんにちは、ミヤケンです。
この記事にたどり着いて頂き、ありがとうございます。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践して発信しています。
そして、そんな仲間を探しています。

  • 大事なものを諦めない生き方
  • 自分の将来を我慢しないための投資術
  • 会いたい人に会いに行けるマイル活用術
  • ベトナムで起業して経験した諸々

そんな内容をこれからも発信していきます。
自分が大切にしたいものを諦めずに行きていく仲間を一緒に増やしていければと思っています。
TwitterFacebookstand.fmでは日々考えていることや気づいたことを発信しており、そちらもフォローしてもらえると嬉しいです。

基本的に考えたこと、感じたことはブログやSNSに投稿しているのですが、それでもなかなか表では言えないような情報や心の底の想いというものもあります。
その表では言えないことをメールマガジンで不定期で書き綴っています。

このメールマガジンは、人生を楽しむ仲間が集まる場所にしていきたいと思っています。
人生は楽しい、そう胸を張って言える仲間を作り、その輪を作っていきたいのです。

もしこれを読んでくださってくれているあなたが「自分も人生楽しみたいな」と少しでも思ってくれたのであれば、
こちらからメールマガジンに登録してもらえるととっても嬉しいです。





毎回頑張って発信していくので、楽しみにしていてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています

こんな記事もいかがでしょう