ノイバイ国際空港ビジネスクラスラウンジ

ベトナムの首都、ハノイの玄関口であるノイバイ国際空港。
国内線ターミナルと国際線ターミナルを合わせると5つ以上のラウンジがあります。

そのラウンジをターミナル別、入室資格別に全て紹介します。
これを読めば、ハノイでどのラウンジに行けばいいか迷うことはなくなりますし、複数ラウンジに入れる場合にベストのラウンジを見つけられるようになるはずです。

ノイバイ国際空港 国際線ターミナルのラウンジ一覧

ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港国際線ターミナルは2015年に開港したきれいなターミナルです。

このターミナルには3つのラウンジがあります。

ロータスラウンジ(Lotus Lounge)

テーブル席

ベトナムのフラッグキャリアである、ベトナム航空のラウンジ。
ベトナム航空以外にもスカイチーム加盟航空会社を中心に使用されています。
席数も非常に多く、ソファー席にはコンセントがついており、窓からは滑走路を望む、素晴らしいラウンジです。

NIAラウンジ(NIA Lounge)

食事が並ぶ

ノイバイ国際空港(Noibai International Airport:NIA)が運営するラウンジで、ANAやJALの指定ラウンジとなっているラウンジ。
入り口にANAとJALが仲良く並んでいるのは必見です。

ロータスラウンジと同様、食事やアルコール、シャワーなどが揃ったラウンジです。

ソンホンラウンジ(Song Hong Lounge)

ハノイ・ノイバイ国際空港国際線ターミナル ソンホンラウンジ

プライオリティ・パスが使えるラウンジはこちら。
JALのラウンジとしても使用されているようです。
こちらも上2つのラウンジとほぼ遜色ないラウンジというのが面白いところ。
プライオリティ・パスのラウンジは航空会社ラウンジに比べるとちょっとランクが落ちる空港が多い中、ベトナムはどの空港でも航空会社ラウンジと変わらない同じレベルを提供してくれるから嬉しいです。

ノイバイ国際空港 国内線ターミナルのラウンジ一覧

ノイバイ国際空港の国内線ターミナルには2つのラウンジがあります。

ロータスラウンジ(Lotus Lounge)

ハノイ・ノイバイ国際空港国内線ターミナルロータスラウンジ

ベトナムのフラッグキャリアである、ベトナム航空のラウンジ。
食事やアルコールはもちろん、設備も雰囲気もさすがは首都のラウンジです。
ベトナム名物のフォーもいただけます。

ソンホンラウンジ(Song Hong Lounge)

ハノイ・ノイバイ国際空港国内線ターミナル ソンホンラウンジ

プライオリティ・パスで利用可能なラウンジ。
ベトナムの国内線のラウンジは食事やアルコールが提供されており、プライオリティ・パスラウンジであってもエアラインラウンジと遜色ないというのがとても嬉しいポイント。

ノイバイ国際空港の到着ラウンジ・シャワールーム

残念なことに、ノイバイ国際空港には到着時に利用できるラウンジやシャワーはありません。
到着後にシャワーを浴びたい場合は到着したらハノイの街に出てホテルやスパで汗を流すのがベストです。

ベトナム・ハノイのラウンジが使えるようになる方法

ベトナム・ハノイのノイバイ国際空港のラウンジが使えるようになる方法を紹介します。

【万人にオススメ】全世界の空港ラウンジが使い放題になる「プライオリティ・パス」を持って旅に出よう

プライオリティパスという、世界中の空港ラウンジが使えるようになるカードがあれば、ノイバイ国際空港の国際線ターミナル、国内線ターミナルともにソンホンラウンジが利用可能です。

プライオリティパスは本来は年会費429ドルととても高額な会員システムなのですが、なんと年間1万円で保持できる方法があります。
私もこの方法で年間1万円でプライオリティパスを発行しています。

通常1回3000円~4000円ほどかかるラウンジが何度でも利用可能で、ラウンジ内では食事やアルコールが食べ放題なので、年間4,5回飛行機に乗るのであれば十分に元が取れます。
持っておかないと損なカードですよ!

【ベトナムによく行く方にオススメ】ベトナム航空の上級会員になる

ベトナム航空の会員プログラム「ロータスマイル」のゴールド会員、プラチナ会員であればベトナム航空ラウンジが利用可能です。
ベトナム航空を頻繁に利用される方は、ロータスマイルのゴールド会員以上になっておくとチェックインも搭乗も全て優先レーンを利用可能で、ラウンジも利用することができるようになります。

スカイチーム加盟航空会社を年間30回以上搭乗することでゴールド会員になれる(プラチナ会員は50回)のですが、ベトナムエアラインズカードというクレジットカードを持つことでもゴールド会員になることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事