ベトナム航空ラウンジ

東南アジアで存在感のある航空会社といえば、シンガポール航空、タイ国際航空、そして、ベトナム航空ではないでしょうか。私は出張でベトナムに行くことが多いのですが、ベトナム・カンボジア・ラオスの路線が一番充実しているのがベトナム航空であり、その他の東南アジア路線も各方面に飛んでいます。

ベトナム航空について簡単に紹介

日本は東京(成田)、大阪(関空)、中部、福岡と4都市に就航しており、各都市からベトナム、そしてベトナム経由で東南アジア各国へ飛ぶことができます。

ベトナムの伝統衣装のアオザイ姿のCAは評判もよく、東南アジアによく行くのであれば結構乗ることになるこのベトナム航空。

アライアンスがスカイチームではあるもののANAと提携しています。が、ベトナム航空の国内線は提携航空会社の上級会員ではラウンジが使えないため、ベトナム国内線ラウンジを使うためにはベトナム航空のゴールド以上のステータスが必要になるのです。

ベトナムエアラインズカードの概要

ベトナムエアラインズカードは三井住友カードが発行します。ANAカードと同じ会社であり、日本でもっとも歴史の長いクレジットカード会社なので、このあたりは安心です。国際ブランドはVISAのみで、MASTERやJCBなどの発行はできません。とはいえ、VISAも世界で最も使われているクレジットカードブランドなので困ることはないでしょう。

ベトナム航空はスカイチームに属しており、ベトナムエアラインズカードは持っているだけでスカイチームの上級会員になることができます。スカイチームにはベトナム航空の他、デルタ航空、エールフランス、KLMオランダ航空、中国東方航空、中国南方航空、チャイナエアライン、大韓航空など世界中の航空会社が加盟しており、特に東アジア路線に強いため、日本から中国、韓国、台湾、ベトナム方面、及びそれらの国を経由する場合に、この上級会員はとても便利に使えます。特に、中国やベトナムはカウンターが非常に混むので、ビジネスクラスカウンターを使いたいです。

私もベトナムを含め東南アジアを飛び回っているため、早速申し込みました。

ベトナムエアラインズカード

ベトナムエアラインズカード(通常カード)は持っているだけでベトナム航空のマイレージサービス(ロータスマイル)のチタニウム会員とスカイチームエリートが付与されます。マイル還元率は100円で1マイル還元の1%。

年会費は5000円で、初年度は無料。航空会社の上級会員を無条件に付与するカードとしては破格の安さです。しかも、最高2,000万円の海外旅行傷害保険もついてくるので、海外によく行く人は必携のカードです。

ベトナムエアラインズゴールドカード

ベトナムエアラインズゴールドカードは年会費が4万円と高級なゴールドカードです。ベトナム航空のマイレージサービス(ロータスマイル)のゴールド会員とスカイチームエリートが付与されます。マイル還元率は100円で1マイル還元の1%。

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険がついてくるなど、メインカードとして申し分ないカードです。

ベトナム航空のマイレージサービス「ロータスマイル」について

ベトナム航空のマイレージサービス「ロータスマイル」には、下から順にシルバー会員、チタニウム会員、ゴールド会員、プラチナ会員の4つのランクがあります。

チタニウム会員以上で優先搭乗やビジネスクラスカウンターが使用可能になり、ゴールド会員では空港ラウンジが使えるようになります。

上級会員のクラスごとの特典まとめ

ロータスマイルの特典をまとめました。赤字のものは特に私が良いな、と思った特典です。

会員クラス チタニウム ゴールド プラチナ
予約時の特典
国際線エコノミークラスの座席確保 96 時間前 72時間前 24時間前
ハノイ・ダナン・ホーチミン間の国内線エコノミークラスの座席確保 72 時間前 48時間前 24時間前
空席待ちの優先扱い
搭乗手続き時の特典
ビジネスクラスカウンター利用 ○(会員のみ) ○(会員+特典利用者登録済の同伴者1名) ○(会員+同伴者1名)
エコノミークラスが満席の空港でのビジネスクラスへのアップグレード
空港でのプレミアムエコノミーへのアップグレードの優先扱い(プレミアムエコノミー設定便且つマイル積算対象クラスでの予約が必須)
空港で搭乗手続きの際の優先座席指定
フライトイレギュラー発生時の優先手配
優先搭乗
空港チケットオフィスでの優先サービス
乗継ぎデスクでの優先サービス
保安検査での優先レーンの利用
パスポート審査での優先レーンの利用
受託手荷物の特典
プライオリティータグ(優先受取)
重量制の場合の超過手荷物免除 10キロ追加 15キロ追加 25キロ追加
個数制の場合の超過手荷物 1個追加 1個追加 1個追加
ラウンジの特典
ベトナム航空を利用時の、自社ラウンジまたはスカイチーム加盟航空会社ビジネスクラスラウンジの利用(エコノミークラス利用時も含む) ○(会員のみ) ○(会員+同伴者1名)
特典航空券
会員の特典航空券取得
特典利用者登録をしている第三者への特典譲渡
会員のアップグレード特典
特典利用者登録をしている第三者へのアップグレード特典譲渡
会員の超過手荷物特典取得
特典利用者登録をしている第三者への超過手荷物特典取得
ベトナム航空運航便利用時の会員と同行する2歳以下の無料幼児航空券提供
ボーナスマイル特典(クオリファイングマイルには充当されません)
搭乗ボーナスマイル 30% 50% 100%
 バースデーボーナスマイル 1,000マイル 1,500マイル 2,000マイル
スカイチーム航空会社利用時の特典
スカイチーム会員クラス エリート会員 エリート会員 エリートプラス会員
出発24時間前までに6時間以上の長距離国際線区間を正規運賃にてご予約の場合、満席であっても座席を確保
全ての国際線区間での受託手荷物の優先取り扱い
超過手荷物免除 10 kgまたは1個追加 10 kgまたは1個追加 20 kgまたは1個追加
国際線区間ビジネスクラスもしくは専用ラウンジの利用 会員+同伴者1名
空港チケットデスクでの優先サービス
乗継ぎデスクでの優先サービス
保安検査での優先ライン利用
出入国審査での優先ライン利用
空港での座席の優先指定
予約の空席待ちリスト優先順位
国際線利用時の優先チェックイン
空港にて空席待ちをされる場合の優先取り扱い
国際線利用時の優先搭乗
ANA便(ベトナム航空との共同運航便)搭乗時の特典
ビジネスクラスラウンジ ○(会員+同伴者1名)
ビジネスクラスカウンター
荷物へのプライオリティータグ
受託手荷物 10キロまたは1個追加 15キロまたは1個追加 25キロまたは1個追加
優先搭乗

その他、ベトナム国内のインターコンチネンタルホテルの客室アップグレードなどのベトナムならではの特典もあります。

ロータスマイルで上級会員になるための条件

このロータスマイルで上級会員になるための条件は以下のようになっています。

ロータスマイルの会員レベル シルバー チタニウム ゴールド プラチナ
スカイチームの会員レベル なし エリート エリート エリートプラス
レベル獲得条件
  1. 1クオリファイングマイル
  2. またはマイル積算対象フライト1回
連続する12ヶ月間において、

  1. 15.000クオリファイングマイル
  2. またはマイル積算対象フライト20回
連続する12ヶ月間において、

  1. 30.000クオリファイングマイル
  2. またはマイル積算対象フライト30回
連続する12ヶ月間において、

  1. 50.000クオリファイングマイル
  2. またはマイル積算対象フライト50回

当然ですが、ベトナム航空にたくさん乗る人でないと、上級会員になるのは難しいですね。しかし、このベトナムエアラインズカードがあれば、カードを持っているだけで上級会員になれるのです。

入会キャンペーンで15000マイル+1000マイルがもらえる!

ベトナム航空は8000マイルあればベトナム国内線を片道利用可能で、前日までウェブサイトやアプリで発券可能なので使いやすいマイルです。

このベトナム航空マイルがベトナムエアラインズカードの入会キャンペーンとロータスマイルのキャンペーンで最大16000マイルもらえます。ベトナム国内、どこでもお往復できるので、ベトナム旅行に無料でさらに1都市追加することができます。

ベトナムエアラインズカードの入会キャンペーン

ベトナムエアラインズカードの入会キャンペーン

11月30日までの入会でロータスマイルが最大15000マイルもらえます。

ベトナムエアラインズカードで最大10000マイル!

入会キャンペーンの内容は以下のとおりです。

  1. ベトナムエアラインズカードへご入会:1,000マイル
  2. 利用期間中に10万円(含む消費税等)以上の買物利用:7,000マイル
  3. 入会期間中にiD同時セットをして入会、かつ利用期間中に3万円(含む消費税等)以上のiDのご利用:1,000マイル
  4. 入会期間中にマイ・ペイすリボを同時セットして入会、かつ利用期間中に6万円(含む消費税等)以上の買物利用:1,000マイル

合計 10,000マイル

かなりクリアしやすい特典ではないでしょうか。2~4番は重複適用ができるはずなので、iDの3万円を含めて10万円利用すれば一気に10000マイルです。

ベトナムエアラインズゴールドカードで最大15000マイル!

入会キャンペーンの内容は以下のとおりです。

  1. ベトナムエアラインズゴールドカードへご入会:2,000+3000=5000マイル
  2. 利用期間中に30万円(含む消費税等)以上の買物利用:8,000マイル -
  3. 入会期間中にiD同時セットをして入会、かつ利用期間中に3万円(含む消費税等)以上のiDのご利用:1,000マイル
  4. 入会期間中にマイ・ペイすリボを同時セットして入会、かつ利用期間中に6万円(含む消費税等)以上の買物利用:1,000マイル

合計 15,000マイル

こちらも、ゴールドカードのキャンペーンにしては比較的クリアしやすい特典ではないでしょうか。iDの3万円を含めて30万円利用すれば一気に15000マイルです。今なら入会だけで5000マイルもらえるとのことで、これは大きいですね。

ベトナムエアラインズカード申込時に注意すること

上記キャンペーンをしっかりと適用するために、申込み時に以下の点を注意しましょう。

  1. iDを同時に申し込む。
    Apple Payは対象外なので、カード型かおサイフケータイ型ですね。
  2. マイ・ペイすリボに申し込む。
    利息発生の条件がないので、申し込んでからは毎月目一杯繰り上げ返済して金利負担をなくすのがおすすめです。
  3. 事前にロータスプレス会員に登録する

注意点はこの3つです。お申込前に、要チェックです。

ベトナム航空のロータスプラスはオンラインで会員登録可能です。ここでも、1000マイルが貰えるキャンペーンがあるのでしっかりともらっておきましょう。こちらのキャンペーンはクレジットカードに申し込みない場合ももらえるので、ベトナム航空に乗る前に必ず1000マイルもらっておくようにしたいですね。その方法を、以下で解説します。

今なら、ベトナム航空のマイレージサービス「ロータスマイル」の新規登録でさらに1000マイルもらえる!

現在、ベトナム航空のマイレージサービス「ロータスマイル」は登録で1000マイルのボーナスマイルがもらえるキャンペーンを実施しています。

ロータスマイルの入会ページの3つ目の画面でプロモーションコード「96854956」を入力することで、ボーナスマイルがもらえます。下の画像の、赤枠で囲った部分に入力します。

キャンペーンコードの入力

登録と同時に1000マイルが貰えるプロモーションコード「96854956」

まだベトナム航空のマイレージサービス「ロータスマイル」に登録していない方は、以下の新規登録ページより登録して1000マイルをゲットしましょう。

ベトナム航空のラウンジの様子

ベトナムの空港は待合室の椅子が少なく、結構混雑するのでラウンジに入れるととても快適になります。

ベトナム航空ラウンジ

日本のANAラウンジよりもゆったりとした空間使いがとっても嬉しいです。まだまだ上級会員の数も少ないのでしょうか、満席で座れないということも殆どありません。今回利用したのはホーチミンの国内便ラウンジですが、搭乗アナウンスもラウンジ内専用のアナウンスがあったのでとてもわかりやすかったです。食事カウンター

食事はベトナム料理が中心。このあたりは、ホーチミンの美味しいお店と比べてしまうと正直もう少し頑張って欲しいと感じるが、まぁまぁ美味しいので良しとしよう。

そう考えると、東京のお店と比べても美味しいANAラウンジは素晴らしいと思います。
ドリンクカウンター

ドリンクカウンター。奥の冷蔵庫の中のフルーツジュースが個人的にお気に入りです。アルコールは缶ビールと、ペプシのドリンクサーバーの手前にあるワイン。

国内線ラウンジでもアルコールが飲めるのは嬉しいですね。
食事の一例

左はベトナムのブンという麺料理で、右は揚げ春巻きやチャーハンなど、ベトナムらしい料理が揃いました。写真には写っていないのですが、ハムやチーズ、フルーツもあります。奥のフルーツの缶ジュース、これが本当に絶品です。町中でもあまり売っていないので、最近ベトナム航空ラウンジの定番にしています。コーヒーマシーンのお味は、ファミレスのドリンクバーのような味がしました。

食事は作りおきばかりで日本のラウンジと比べてしまうともう少し頑張って欲しい感じもしますが、アルコールもあり、ベトナムの雰囲気が楽しめます。何より、机と机と間にしっかりスペースの空いている贅沢な空間が嬉しいです。ガラスの向こう(ラウンジの外)は人でごった返しているので、余計に嬉しさを感じます。

ベトナム航空のプレミアムエコノミークラス体験記

ベトナム航空のホーチミン・成田便のプレミアムエコノミークラスに搭乗してきました。

新しい機材のプレミアムエコノミークラスはもちろん席も広く、アメニティもついてきて、とても快適なフライトでした。

くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

ANAの上級会員になる方法はこちら!

ベトナム航空の上級会員にはクレジットカードの申込みでなることができて、どんな特典があるのかをおわかりいただけたかと思います。しかし、ベトナム航空はたまにしか乗らないよ、という方もいるかと思います。そんな方はANAの上級会員を目指すのがおすすめ。ベトナム航空はANAの資本が入り、提携もしているので、ANAの上級会員にも様々な優遇があります。

ANAの上級会員と聞くと、飛行機にたくさん乗れるお金持ちだけがなれるイメージですが、実はうまくやればほとんどお金をかけずに上級会員になれるのです。それをマイル修行と読んだりするのですが、マイル修行ってどうやって始めるの?という人、ぜひ以下の記事から始めてみてはいかがでしょうか。

私も、ほとんどお金をかけずにスーパーフライヤーズカードを手に入れることができました。

まとめ

東南アジアによく行くのであれば、必携といってもよいのではないでしょうか。ベトナム航空は先日も日本からベトナムまで往復32,000円のキャンペーンをしていました。バンコクまでホーチミン乗り継ぎでも3万円台というキャンペーンもあり、定期的に安いキャンペーンを開催しています。機材も新しく、4スター認定のサービスも素晴らしいです。

私はANAのSFCとベトナム航空のゴールドの2枚持ちで快適な飛行機ライフを送ろうと思います。

あとJGCがあれば3アライアンス制覇と考えると、JAL修行もしてしまいそうで怖いですが(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事