なぜ、自分の大事なことに取り組むため時間がいつまでもないのか?

やりたいことはたくさんあるのに、毎日の生活に追われて全然できない!
もっと自由な時間があればあれもこれもできるのに!
時間がなくてやりたいことが全然できない人生は嫌だ!
そう思ったこと事はありませんか?

じつは、そう思っている人のほとんどは時間が増えたところで同じような生活を繰り返し、いつまでも「やりたいこと」に取り組めないことがわかっています。
「え、そんなことないよ。時間さえあれば解決する。」
という声が聞こえてきそうですが、その原因がなんなのか、そして、時間が限られている中でも自分のための時間を持つためにはどうすればよいのかをお伝えします。
この記事を読んだ瞬間から、あなたの生活は一歩楽しくなること間違いなし。

「時間があればできるのに」は嘘?

新型コロナウイルスの影響で外出が難しくなり、思いがけず時間がたくさん手に入った方も多いのではないでしょうか。
「巣ごもり消費」が増えているとニュースにもなっているように、ニンテンドースイッチやビリーズブートキャンプはどこのお店でも完売となっており、テレビ番組や映画、YouTube等のネットを通じた動画サービスはものすごいトラフィック(利用量)となっているそうです。

これで明らかになったのは、時間が増えたところでダラダラと過ごしている人が多いという事実です。
もちろん、生粋の映画好きがこの機会に映画を見ることなど、「昔からずっとやりたかったこと」をしているのであれば素晴らしいことです。

しかし、多くの人は時間ができたところでダラダラ過ごしている人が多いように思えます。

他人の価値観に生きている時間はない

街に出ればショーウインドウからは「こんなおしゃれな服買いませんか?」というメッセージが発せられ、雑誌を読めば「この新製品がすごい」、などと購買を煽ってきます。
「毎年1度は海外旅行」「夢のマイホーム」などなど、あの手この手でお金を使わせようと私達の価値観に刷り込みをかけてきます。

いま、冷静になって改めて考えてみてください。
それらの価値観は本当に自分が望んだ大事なことなのでしょうか、と。

私も昔は「30前にタグホイヤーの時計がほしいなぁ」などと考えていたこともありましたが、今はFitbitの活動計をつけており、いわゆるブランドの時計を欲しいと思うことはなくなりました。
「このブランドを付けているかっこいい自分」よりも、心拍数や歩数などを測って日々の健康増進に役立てることのほうが重要だと気づいたからです。

各企業はマーケティングのプロです。
言い換えれば、あなたのお金を使わせることに全力で取り組んでいるプロ集団なのです。
そういう人たちに価値観を刷り込まされて気づけばお金や時間を使っている。

そんな事になっていたらとてももったいないですよね?
自分の人生の時間やお金は自分が本当に大事だと思うことに使いたいものです。
一度冷静になって、自分がお金を使っているものを見直してみてはいかがでしょうか。

自由を扱うのは難しいのでルールを決めよう

もっと自由になりたい。
多くの人がそう願っているのですが、この自由というものはとても扱いにくいのです。

コロナウイルスの影響などで急に在宅勤務になった人や、会社をやめてフリーランスになった人がかなり高い確率で陥るのが自由に堕落してしまうことです。
いつも決まった時間に起きるのは、同じ時間に起きて出勤する必要があるからです。
午前中から集中して仕事ができるのは、他の人の目があったり、午後の会議までに成果物を提出する必要があるからです。
昼休みをきっかり1時間で終わらせるのも、そうしないと怒られるかもしれないからです。

しかし、在宅勤務であれば誰からも怒られることはありません。
朝ダラダラ過ごして11時に起きて一日をはじめて、そこから美味しいランチを食べようと2時間ランチに時間をかけて、お腹いっぱいになったからちょっと仮眠・・・と気づけば3時。
という生活をしても誰からも怒られることもありません。
締切は来週だから心にも余裕があり、仕事の能率が上がらないということもあるでしょう。

実は出勤して仕事をするということは集中を継続させるための様々なルールのもとで生活するということです。
そのルールが無くなってしまい本当の自由を得たときに、急に能率が落ちてしまうということはよくあるのです。
自分を律する、と書いて自律という言葉がありますが、自由な環境こそ自分で何らかのルールを作り、律することが必要です。

投資専業を目指さないであれば投資は人任せがベスト

私はFPとしての活動もしているので投資の相談を受けることもあるのですが、正直に申し上げますと投資専業になりたいのでない限り投資はある程度自動化及び誰かに任せることがベストだと思っています。
任せるべきところではないところに任せてしまうと、顧客のことを考えない運用をされてしまい資産が既存してしまうこともあるのでそこの選定には注意が必要なのですが、それさえ間違えなければ1%そこそこの手数料で世界最高水準の投資戦略で自動的にあなたの資産を運用してくれます。
投資を勉強して、自分でやっていくことに比べるとこんなに効率的なことはありません。

あなたが農家でもない限り、基本的には野菜は購入するものですよね。
最高に体が良い野菜を食べたいと思っている人、つまり最高の農作物を得ることが人生において優先順位がとても高い方であれば家庭農園で栽培しているかもしれません。
ただ、健康に気をつけている人でも「オーガニックな良い野菜がほしいなぁ」という思いで自分が選んだところで購入するのではないでしょうか。
肉も、魚も、水も購入しますし、服や靴も誰かが作ってくれたものを購入して使うなど、私達は普段の生活の中で「自分が注力すること以外」をできる限り他の人にお願いすることで生きています。

私は投資だってそれと同じだと考えています。
もちろん、野菜に体に悪い農薬を使ったものがあるように、あなたの資産を毀損するような悪い商品もあるでしょう。
良い運用パートナーや良いサービスを選ぶことは重要ですが、何でもかんでも自分が取り組もうという意識を捨てることが大事だと思っています。

今の時代は投資もとても身近になり、様々なサービスがでてきました。
システムが自動的に運用してくれるロボアドバイザーや、香港の世界最先端の運用担当者による運用が望める生命保険など、放っておいても「9割方素晴らしい成果が出る」サービスが数多くあります。
投資の専業を目指す人以外は、野菜を自給自足で食べる人のように全て自分でやるのではなく、外注をすることが結果的に幸せに繋がるのです。

自分にとって大事なことに全力で取り組む人生にしよう

「あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい~♪」
という歌もありましたね。

「あなたにとって本当にやりたいこと」にお金や時間という貴重な資源を注げるように、

  • 自分にとって大事ではないところにお金・時間を使わない
  • 自由の中で自分を律するルールを持つ
  • 投資などの外注化をすすめる

というポイントが重要という話を今回お伝えしました。
この3つのポイントはそれぞれ私の人生を大きく変えてくれた実体験に基づいており、あなたの生活も「よりあなたにとって重要なこと」にフォーカスをすることができるようになるはずです。
ぜひ、10分だけでも時間を取って、自分ん生活を振り返ってみてもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事