クレジットカードでマイルを貯めるのも陸マイラーの基本。

ポイントサイトほど高額マイルがバンバン貯まるわけではないのですが、日々の支払いをクレジットカードで決済するだけで年間数万マイル程度たまります。

1マイル=5円の価値があると考えると10万円相当のマイルが貯まるので、しっかりとマイルがたまりやすいクレジットカードを選びましょう。陸マイラー必携のカードもお忘れなく。

陸マイラーのマイルのため方の全貌はこちらから!

陸マイラー必携のソラチカカード

まず紹介するのが陸マイラー必携のソラチカカード。と言っても、このカードは決済では使用せず、金庫にでもしまっておいてください。決済に使った場合の還元率は高くありません。なぜソラチカカードが必要なのかは、こちらの記事をご覧ください。

陸マイラーのポイントのため方はポイントサイトが基本、クレジットカード決済はおまけ程度(と言っても年間数万マイルはあります)です。そのポイントサイトの効果を最大化するのがこのソラチカカード。持っていない方は今すぐ申し込んだほうがいいですよ。

高額マイルが貰えるキャンペーン目白押しのANA AMEXカード

申し込むと5万マイルなどの高額マイルが貰えるキャンペーンをよく行っているのがANA AMEXカード。私も1枚持っており、入会キャンペーンのマイルで東南アジアに旅行にいくことができました。AMEXは通常カードでもゴールドカード並みのステータスがあるのも嬉しいところ。マイル還元率は1%と普通ですが、以下の特典がよく旅行にいく人には嬉しいものです。

  • 通常カードでも空港ラウンジ利用可能
  • 空港からスーツケース1個配送無料

還元率1.5%を超えるANA VISA ワイドゴールドカード

ANA系カードで最強の還元率を誇るのがANA VISAワイドゴールドカードと、ANA VISAプレミアムカード。ゴールドカードやプラチナカードということでもちろん年会費がかかるのですが、この還元率があれば特典航空券として元が取れるでしょう。と言っても高還元率を実現するには以下の条件が必要です。

  • マイ・ペイすリボという自動リボ払いを利用する。
  • ボーナスポイントをGポイントに交換し、そのGポイントを「ソラチカルート」でANAマイルに交換

リボ払いというと金利の負担が心配になるかもしれません。だからといって、毎月支払額を上げてリボ残画家をずっと0にする、、と、ボーナスポイントがもらえずに還元率は1%になってしまいます。毎月1000円ほどの残高を翌月に繰り越して、数十円でも金利を払うようにすると高還元率が実現します。

更に年間決済額が50万、100万、300万円と高くなるとボーナスマイルがついてきます。メインの決済クレジットカードとして、できるだけ多くの出費をこのカードで払うようにしたいですね。また、ソラチカルートを使うのでソラチカカードを持っていないと高還元率は実現しません。ソラチカカードとの2枚持ちで効果を発揮するクレジットカードです。

もちろん、SFC解脱後はSFC(スーパーフライヤーズカード)に変更するのを忘れないでくださいね。

【番外編】海外での決済が多い人は夢の還元率3%を実現するMileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージVisaカード

ANAと同じスターアライアンスのユナイテッド航空のマイルになってしまうのですが、MileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージVisaカード(長い)は海外によく行く人にはおすすめのカード。

リボ払いならマイルが2倍になり、それだけでも還元率2%なのですが、なんと決済通貨が"円以外"の場合は更に1.5倍になり、なんと還元率3%にも達するのです。

ANAのマイルをポイントサイトで貯めつつ、ユナイテッドのマイルをこちらで貯めるのもありかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事