ビジネスラウンジ全景

一人で働く作業場所シリーズ、今回は新宿南口のリージャスです。

やっぱりリージャスは日本全国どころか、世界中の主要都市でとても集中できる環境がすぐに手に入るので嬉しいです。

今回のリージャス新宿南口は新宿サザンテラスからすぐ近く、とてもアクセスの良い場所。

【評価】立地★★★★★ / スペース★★★★☆ / WIFI有(普通) / 電源有 / ドリンク飲み放題

いざ、リージャス新宿南口へ

リージャス新宿南口は普通の雑居ビルに入っていました。

新しいハイグレードビルではないので、見落とさないように要注意。

リージャス新宿南口受付

ビジネスラウンジは1階にあるのですが、まずエレベーターで8階に上がって受付をします。

受付でチェックインの際にカードキーを受け取り、1階へ。

受付の前ではなく、ビジネスラウンジだけ1階に独立している珍しいタイプです。

静かで集中できるビジネスラウンジ

1階に戻り、入口の扉の横にあるカードリーダーにカードキーをかざして中へ。

ビジネスラウンジ全景

ThinkPodは4台。

私が訪問した時は2台空いていました。

奥にはハイチェアーが4台と、右にソファーが2つありますね。

 

ここのリージャス、何が良いって受付と完全に離れており、会員以外入れない空間になっているのでとっても静かなんです。

しかも、規模も大きくないので空いている可能性が高い。

一日中集中したい時に最高です。

ドリンクは少なめ

ドリンクの種類が少ないのが玉にキズ。

少ないといっても、お茶、コーヒーなど一通りは揃っているので、私は全く気になりません。

ハイチェアの前にある唯一の窓

部屋は窓がここ1箇所だけ。

明治通りを眺めることができます。

 

トイレは部屋を出た同じフロアにあります。

京都のリージャスにはトイレを出るのもセキュリティを電話で解錠してもらう必要があるところがありましたが、ここはカードキーを貸してもらっているので出入りも自由。

もちろん、帰る前には8階に立ち寄ってカードキーを返しに行きます。

まとめ

リージャス新宿南口はハイグレードビルではないのですが、立地も作業環境も抜群の穴場オフィスでした。

なにより、完全に隔離されていて静かに作業に没頭できるのがうれしいですね。

新宿エリアは、新宿西口なら新宿パークタワー、南口ならここで決まりではないでしょうか!?

一緒に人生を楽しむ、メールマガジンはじめました

こんにちは、ミヤケンです。
あなたのライフデザインが一歩ずつ着実に進んでいくような、そんなメールマガジン発行しています。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践してブログなどで発信しています。
そして、そんな仲間を探しています。

上司を見ていても自分の未来に希望が持てないな、今いる環境を飛び出して、何か自分でやってみたい、と感じている人は少なくないのではないでしょうか。
フリーランス、または、独立起業を目指す方し、世界と仕事と人生を分けるのではなく統合させて自分の人生を創って生きていきたい人。
そんな人を応援していきたいと思っています。

そのための環境を創ることを

  • 自分自身の未来を信じられるようにすること
  • Web周り(ブログやHP、SNSの活用)を整えること
  • 僕が良いと思ったものを紹介すること
    (僕自身が世界で暮らす中で実際に体験したり使ってみたりしている"本当に良い"と思ったもの)
  • 時に話を聞いたりアドバイスをしたり

でサポートしていたいと思っています。

なぜなら、僕自身が25歳で大手企業を退職してベンチャーや起業を経験し、ベトナムへの移住するなど、これまでの約10年間、境界線を超えた生き方を実践することで自分自身の価値観とか生き方が変わってきたことを感じているからです。
今はとても幸せで、毎日楽しく生活しているので、そんな仲間が増えたら楽しいなと思っているからです。

このメールマガジンは、人生を楽しむ仲間が集まる場所にしていきたいと思っています。
人生は楽しい、そう胸を張って言える仲間を作り、その輪を作っていきたいのです。

もちろん、そのために必要だと思うことや、自分が通ってきた道の話をどんどんしていきます。
例えば、こんな話です。

  • 大事なものを諦めない生き方
  • 自分の将来を我慢しないための投資術
  • 会いたい人に会いに行けるマイル活用術
  • ベトナムで起業して経験した諸々

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そういう人生を選び取っていきたい・・・。

少しでもそんな気持ちがあるのであれば是非読んでみてください!

\登録簡単!1分ですぐに登録完了します/

 

メールマガジンについてもう少し知りたい、という方はこちらも読んでみてください

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています

こんな記事もいかがでしょう