京都駅から歩いて15分ほどのところにある「お好み焼 吉野」

地元客も多く、ローカル感満載のお店なのですが、とっても美味しいのです。

ホルモン入りのお好み焼きが一押し。

お好み焼き!

目の前でつくる華麗な手さばきは見ためにも楽しい

壁に貼られているメニューを注文すると店内にある鉄板で作り始めてくれます。

手際よく作っていきます

慣れた手つきでものすごいスピードでどんどんお好み焼きが焼かれていきます。

何もかもが目分量で作られるお好み焼きはまるで職人芸のよう。

目の前でできていく様子が楽しい

あっという間にお好み焼きの出来上がり。

ホルモンが入った「ホソ玉 お好み焼き」をいただきます

一番人気だというホルモンが入った「ホソ玉 お好み焼き」。

お好み焼きだけだと950円のところに麺を追加して1180円。

お好み焼きが出てきました

この状態で目の前に運ばれてきます。

カウンター席は作っている鉄板でそのまま、テーブル席の人はそのテーブルにある鉄板に届けられ、どちらも鉄板の上で頂きます。

鰹節、タレ、青のりはお好みで

ソース、青のり、鰹節はテーブルに置かれているものを使います。

他のお客さんと共用なので譲り合って使うのも、この時代には逆に新鮮でなんだかほっこりしますね。

女将によると、ソースは甘口と辛口の両方があり両方かけるのが基本で、甘い方のタレを全体に塗ってから、辛いタレで味を調整していくのがポイントだとか。

お店の雰囲気と行き方

お店の雰囲気は昭和のアットホームな感じがそのまま残っています。

懐かしい雰囲気の店内

この写真の席と、カウンター席と、2人用のボックス席が2つあります。

地元の人と観光客の人のどちらも多いようで、お昼時は満員でした。

 

このお店、場所がわかりにくくて、三十三間堂の裏の住宅街の中にあります

住宅街の中にあります

グーグルマップで調べるとちゃんと場所が出てくるので、地図を見ながら行くと良いでしょう。

近くに来るとこの看板が出ています。

この細い路地を奥に入っていくと、左側にあります。

この看板の路地を入ってすぐ

お好み焼き吉野、また生きたいお店です。

京都でお好み焼き?というイメージもあるかもしれませんが、ここは本当に美味しくB級グルメが少な方は気に入るはず。

営業時間は11:00~21:00(20:30ラストオーダー)と長く、京都観光の合間にふらっと立ち寄れます。

私も、また京都に行ったら訪れます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事