貴族。いい響きですよね。

新宿の珈琲貴族はその名の絽織貴族らしい豪華な内装・・・とまではいかないのですが、

「24時間営業」「フリーWIFI」「電源」の3つが揃っている素晴らしいカフェ。

【評価】立地★★★★☆ / スペース★★★★☆ / WIFI無料(普通) / 電源有 / ドリンク有料

新宿の24時間カフェの使い道を考える

実は新宿って24時間営業のカフェはあまり多くはありません。

そりゃ、需要もないからな、と思いきや、この珈琲貴族は深夜でも結構人が入っています。

  • 向かいのバルト9で26時(午前2時)開始の映画を見る前
  • 夜行バスで早朝に着いた時
  • どうしても夜中にやらなきゃいけない仕事がある時
  • 始発で成田空港に向かいたい時(新宿三丁目から丸ノ内線で銀座に出て、エレベーター登った真上がTHEアクセス成田のバス停なのです)
  • 友達と夜通し語り合いたい時

などの時に使っています。

特に始発で成田空港に行く前に、どうでバスと飛行機で寝るから、と映画を見たり朝までカフェに居るのが個人的な最近の使い方。

成田空港行きのバス「THEアクセス成田」乗り場までは丸ノ内線で一本で、エレベーターを使えるのでスーツケースがあっても楽なんですよね。

もちろん、珈琲貴族もエレベーターがあります。

さぁ、一緒に貴族になりましょう

コーヒーは1杯800円からと、安くはありません。

仕方ないです、貴族ですから。

珈琲貴族のケーキとコーヒー

ブレンドコーヒーは何杯でもお代わりできるものもあるので、たくさん飲みたい私のような人には最適。

ただ、ここの珈琲貴族は24時間営業といっても、3時間を経つともう一品のオーダーをお願いされます。

そろそろ朝だな、ということでモーニングを頼むも良し、また新しいコーヒーを頼むも良しなのですが、一晩ずっといようと思うと2000円はかかってしまいます。

個人的には、それで快適なWIFIと電源が確保できるので全然OKです。

落ち着いた店内

店内は降りる板、それでいてパソコン作業や読書に十分な明るさが確保されています。

ソファーの下には電源がついているので、電源席を希望すればよほど満員でない限り電源がある席に座れます。

 

たまに隣でマルチの勧誘などやっていると気になってしまい作業ができないのですが・・・。

ちなみに、定石通り「憧れの稼いでいる先輩」がやってきて、バーーーっと素晴らしさを喋って帰っていくのを見て、まさにテンプレ通りすぎて聞いてて笑いを堪えるのが必死でした(笑)

話していた条件をネットで調べたら、すぐに「○○ 詐欺」と出てきたので、勧誘されたら調べるようにしましょうね。

 

と、話がそれてしまいました。

基本的には800円という価格もあり、皆さん静かに作業をしているか、上品におしゃべりをしている方が多いので、読書や作業には最適です。

お水はコーヒーのおかわりも結構気付いてもらえます。

まとめ

新宿で24時間営業で電源完備でフリーWIFIのカフェと言ったら、新宿三丁目の珈琲貴族!

これだけ覚えておけば新宿で作業がしたい時や、夜に行き場所を探すこともなくなるでしょう。

スタバなどと違い、日中も満席になることはほとんどないですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事