台北に行ったらほぼかならず朝ごはんに訪れるお店が「鼎元豆浆」。

ガイドブックなどにも載っている有名店なのでご存じの方も多いと思います。

しょっぱい豆乳「鹹豆漿」と小籠包が人気

鹹豆漿、これが大好きなんです。

しょっぱい豆乳です。

鹹豆漿と小籠包

鹹豆漿と小籠包

「鹹豆漿加蛋」と「小籠湯包」を注文。

台湾の漢字では卵のことを「蛋」と書きます。

「蛋餅」も台湾の定番朝食なので、それも食べたかったのですが、一人だったので小籠包を食べたらお腹いっぱいになってしまいました。

お店の雰囲気とメニュー

鼎元豆浆は台湾人が行列を作る店、として紹介されることもあるようにいつも混んでいるローカル店。

 

鼎元豆浆の外観
中正記念堂駅から歩いて5分ほどの場所にあります。

グーグルマップで「鼎元豆浆」と調べるとすぐに出てくるはずです。

並んでレジで注文して、先にお会計も済ませてから食べるスタイル。

鼎元豆浆のメニュー
メニューは中国語オンリー。

私の定番は「鹹豆漿加蛋」「蛋餅」。

小籠包も大好きなのでつい頼んじゃうことが多いです。

英語も日本語も通じないお店ですが、メニューの紙(中国語のみ)もレジ前にあるので、名前を覚えて指差すか、スマホでメニュー名を見せても良いでしょう。

いつも混んでいる店内

2年前はそんなに日本人が多いイメージはなかったのですが、先日はほとんど日本人でした。

海外で日本人に会いたくない、と思う方はちょっと苦手かもしれないですが、私は全然気にしないのでOKです。

次行くときは日本語が通じるお店になっているかもしれないですね。

 

台湾では相席があたりまえ。私も現地の方と相席で頂きました。

混んでいても1つや2つは空いているものなので、笑顔とジェスチャーで座ってよいか聞いて座ってしまいましょう。

まとめ

朝早くにオープンしてお昼前には閉店する鼎元豆浆。私は深夜便で到着して、空港からそのまま向かうことが多いです。

MRTの駅からも近く、市内中心なので電車でもタクシーでもアクセス簡単。

道も分かりやすいのでグーグルマップで調べてから是非行ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事