作業向きのテーブル

世界遺産に登録されたおしゃれな街でノマドワークしたい!

そんな人におすすめな街がマレーシアのマラッカです。

日本からも近く、クアラルンプールからバスですぐに訪れることができるマラッカで、ノマドワークに最適なカフェをまとめました。

これぞ作業向け!なノマドカフェ!

マラッカの中心街ジョンカーストリートから歩いていけるノマドカフェを紹介します。

実際にマラッカを歩きながら作業をしたおすすめカフェです。

HEESAN CAFE

ジョンカーストリートにあります

店内は広くおしゃれで開放的で、テーブルも大きくて静かな雰囲気。

電源もWIFIもあり、まさに「作業向け」のカフェがこちらです。

両替も併設しているので、とりあえずマラッカに着いたらここに入ってネットに繋げるのもアリだと思います。

Navy Cafe

内装はシンプルでオシャレ

外観は普通のアパートのように見えるのですが、中に一歩入るとおしゃれカフェが現れます。

ランチタイムにはマラッカならではのニョニャ料理をいただくことができ、それ以外の時間は美味しいコーヒーを飲みながら作業もできるところ。

小さいカフェなので、満席には気をつけたいところです。

The Daily Fix

いつも賑わっているThe Daily Fix

アジアンな雑多な雰囲気のある、食事もスイーツも充実したカフェです。

雑貨屋さんの奥という立地が隠れ家感満載ですが、いつ行っても混んでいる人気カフェ。

ワイワイした雰囲気の中でクリエイティブな時間を過ごすにはおすすめです。

The Stolen Cup

THE STOLEN CUP

オープンな雰囲気で世界遺産の街を眺めながら座れるカフェ。

パソコンを広げている欧米人の姿もありました。

クロワッサンもあるので朝食がてら立ち寄るのも良さそうです。

幸せの味

くまのマスコットが可愛い幸せの味

日本語の看板を見つけたので思わず立ち寄ってしまったこのカフェ、大きなワッフルをいただきながら静かに作業のできる隠れ家カフェでした。

静かな落ち着いた店内はノマドワークにも最適です。

The Coffee Jar

カウンターの奥の壁がとってもいい感じ

作業をするにはテーブルは小さいかもしれない。

それでも、このコーヒーの美味しさを考えると滞在中1回は行っておきたくなるのが「The Coffee Jar」です。

作業向けではないのですが、行っておきたいカフェ

ここから紹介するカフェは作業向けではなく、どちらかと言えば食事やお酒を楽しむようなカフェ。

マラッカでのノマドワークを楽しんだあとは、美味しいご飯とお酒でリフレッシュするのはどうでしょうか。

カランセアートカフェ

奥の部屋は落ち着いた雰囲気

食事時は沢山の観光客で賑わう、食事メニューも充実しているカフェ。

正直、食事の時間は人が多すぎて作業向けではありませんが、食事はとても美味しく、お酒も飲めて夜遅くまで空いています。

内装はごちゃごちゃしていて異国情緒たっぷりでした。

Geographer Cafe

カラフルな色使いのGeographer Cafe

バックパッカー向けの雰囲気を醸し出している、カラフルな色使いが楽しい老舗カフェです。

夜遅くまで空いていて、お酒も飲めるところです。

長時間どっしり座って作業するというよりは、食事をつまみながらビールと共にサクッと作業するスタイルであればノマドワークもできるかもしれません。

マラッカ関連記事

一緒に人生を楽しむ仲間を広げていきたいと思っています

こんにちは、ミヤケンです。
この記事にたどり着いて頂き、ありがとうございます。

自分が大事にしたいことを大事にして、胸を張って生きる。
そう生きるにはどうすればよいのかを考えながら、実践して発信しています。
そして、そんな仲間を探しています。

  • 大事なものに注力するための省エネライフ
  • 自分の将来を我慢しないための投資術
  • 会いたい人に会いに行けるマイル活用術
  • ベトナムで起業して経験した諸々

そんな内容をこれからも発信していきます。
自分が大切にしたいものを諦めずに行きていく仲間を一緒に増やしていければと思っています。
TwitterFacebookでは日々考えていることや気づいたことを発信しており、そちらもフォローしてもらえると嬉しいです。

こんな話聞きたい!
こういう悩みがあるけど、ミヤケンならどう考える?
自分もそういう想いがあります!
など、ご意見ご感想ありましたらお問合せフォームTwitterFacebookからお送りいただけるととっても嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでもつぶやいています

こんな記事もいかがでしょう