ワードプレスを始めるならこれだけはやっておこう!という設定の1つがHTTPS化。

HTTPSはSSLという暗号化技術を使った通信の暗号化なので、クレジットカード番号を入力するサイトなどでは非常に重要なのですが、最近はgoogleがSSL化(HTTPS化)を重視して検索順位にも影響が出てくるようにもなってきています。

ですので、情報発信のみを行う個人ブログであっても必須の設定と言えます。

サーバーの父機などなくても手順通りやれば簡単に設定できるので、まだの人は今すぐ設定しましょう。

事前準備:サーバー側でSSL証明書を発行する

HTTPS化をするにあたって、サーバー側でSSL証明書を発行する必要があります。

ほとんどのレンタルサーバーで管理画面からボタン一つで発行できるはずです。

エックスサーバーであればドメインの追加時に「無料独自SSLを利用する(推奨)」にチェックを入れるだけです。

エックスサーバーのSSL証明書発行画面

.htaccessにリダイレクト設定を追記する

ワードプレスをインストールされたディレクトリに、.htaccessというファイルがあるはずです。

サーバーなどによく使われるUnix系システムではドットから始まるファイル名は隠しファイルや設定ファイルとして使われており、このファイルもドットから始まっています。

そこに、以下のコードを追記します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://ld-lab.net/$1 [R=301,L]

コードの中のURL(ld-lab.net)はあなたのブログに合わせてくださいね。

ワードプレスがもともと記述している内容を消さないように注意してください。

最終的に、こうなっていればOK。

編集後の.htaccess

# BEGIN WordPressから# END WordPressまではワードプレスが書き込む領域のため、触らずに置いておいてください。

サーバーキャッシュを追加する場合などはこの.htaccessにどんどん書き込んでいくことになるのですが、SSL化(HTTPS化)で必要なのはこの1~3行目です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事